こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (フレーズ)

It’s not often that you make a mistake.

Meaning (意味)

君が間違えるなんて、よくあることじゃない。

Comments (ひとこと)

It’s not often thatの形を使うと、「~はよくあることではない」「~だなんてめったにない」「~だとは珍しい」という意味になります。rare, rarely, strangeなどの語句を使わなくてもこんなにシンプルに表せるんですね。It is not often thatの後ろにはSV、つまりをそのまま続けるだけです。この点もシンプルですから使いやすいですね。

Examples (例文)

Example 1

A: Bill, there’s something wrong with your report.

(ビル、君の報告書、何かおかしいんだが。)

B: Let me see. Oh, I made a calculation error here.

(見せて下さい。ああ、ここで計算間違いをしてしまいました。)

A: It’s not often that you make a mistake.

(君が間違えるなんて、めったにないことだね。)

Example 2

A: What happened, John?

(ジョン、何があったんだ?)

B: Why do you ask?

(なんでそんなこと聞くの?)

A: Well, it’s not often that you smile.

(ええ、笑ってるなんて珍しいからさ。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)