こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

ペーパーテスト

英語では

  • written test
  • written exam
  • written examination

Comments (ひとこと)

テストと言えば筆記試験が一般的です。口頭試験もありますね。現代では、オンライン試験(またはコンピューター試験)もあって、スタイルはいろいろ。

さて、私が学生の頃は「ペーパーテスト」という言葉をよく耳にしていました。このカタカナ語は今でも使われているのでしょうか。紙テスト、つまり筆記のことを指して言っているわけですね。

ペーパーテスト、わかりやすい表現ではありますが、英語でpaper testと一般的に言うかというと、ほとんど使われません。一般的にはwritten testwritten exam/examinationと言いますよ。

ただし、「ペーパーテスト」が100%和製英語だというわけではありませんpaper testと言う人もいますし、筆記試験のことをPPT (paper-and-pencil test)と表す場合もあるのです。paper testは和製英語だと断言している辞書もありますが、そうとも言い切れないのです。

補足ですが、「口頭試験」はoral test, oral exam/examination、コンピューターを使ったテストはCBT (computer-based test)online test、「実技試験」はpractical skills test, practical skills exam/examinationと言います。

Examples (例文)

Example 1

Those students are pretty good on the written exam, but they can hardly speak English.

(あの学生たちは筆記試験はかなり良いが、英語はほとんど話せない。)

Example 2

Applicants who pass the written test will be invited back to take the oral test.

(筆記試験に合格した志願者は口頭試験に進むことになります。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

英語コーチ トップページへ

無料メルマガ登録

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)