こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

レントゲン

英語では

X-ray

Comments (ひとこと)

レントゲン写真を撮ってもらったことはありますよね?自分の体が透けて見えるなんて、よく考えればすごい話です。技術ってすばらしいものですね。

日本では「レントゲン」「レントゲン写真」「レントゲン撮影」と呼ぶのが一般的ですが、英語では「X線」を意味するX-rayという表現を用います。

X-rayは名詞で用いると、「X線」「レントゲン写真」という意味になります。また、動詞で用いることもでき、その場合は「レントゲン写真を撮る」という意味になります。

ちなみに、「レントゲン」はX線の発見者のお名前、ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(Wilhelm Conrad Roentgen)氏によります。残念ながら、日常英会話でRoentgenと言っても「レントゲン写真」の意味で伝わることはあまりないと思います。

もうひとつ補足しておくと、Roentgenは英語表記で、元々のドイツ語ではRöntgenとつづります。Oの上にウムラウト記号(¨)が付くのですが、英語ではこの記号を使わないので、つづりを少し変更しているのですね。 

Examples (例文)

Example 1

Congratulations. The X-rays show no damage to your body.

(おめでとうございます。レントゲンを撮りましたが、お体に問題は見当たりません。)

Example 2

I had my shoulder X-rayed at the clinic to see what was wrong with me.

(何が問題なのか見るために肩のレントゲンを撮ってもらったんだ。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)