tung256 / Pixabay

「キャビンアテンダント」は受け入れられそうです

かつてはスチュワーデス(stewardess)と呼ばれていた人たちのことですが、日本では今、CAと呼ぶ人が多いです。何の略かと尋ねれば、

「cabin attendantのことだろ、知ってるよ」

とお答えになるでしょう。実はこれ、現時点では和製英語です。英語の一般的な呼称は”flight attendant” なんですよ。または、”cabin crew” です。機内で耳にする業務連絡の英語では”cabin crew”とはっきり言っています。

Sponsored Link

 

「現時点で和製英語」としたのは、cabin attendantでも通じるようになってきているという現状があるからなんです。他の和製英語に比べ、cabin attendantは見当違いとも言えないので、しばらくすると受け入れられるかも知れません。今後どうなるのか、少しだけ楽しみです。

 

ちなみに、「キャビンアテンダント」は日本航空(JAL)が使い始めたのだそうです。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link