こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

ミス

英語では

mistake

Comments (ひとこと)

日本語では、間違いのことをカタカナで「ミス」と言います。ミスと言えばmissという英単語を連想すると思いますが、missに「間違い」という意味はありません。この意味で使われるべき単語はmistakeです。「ミス」は英語ではなく和製英語なのです。mistakemisだけを切り取り、後半部のtakeを省略したものがカタカナ語として定着してしまったようです。

ややこしい話に思えるかも知れませんが、上述の通り、mistakeの意味のつもりで「ミス」と言うと、missという単語が別に存在していることから、会話がちぐはぐになる可能性があります。missの意味は「逃す・見逃す」「なくて・いなくて寂しいと感じる」です。「間違い」「間違える」はmistakeですので、missと言わないように注意してくださいね。

そうそう、よく「ケアレスミス」と言いますね。英語ではa careless mistakeとなります。周りの人に教えてあげましょう!

Examples (例文)

Example 1

A lot of mistakes were found in this paper.

(この論文では多くの間違いが見つかった。)

Example 2

It was a big mistake for me to come all the way here.

(こんなところまでわざわざ来たのは大きな間違いだった。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)