こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

マンション

英語では

condominium

短縮してcondo

Comments (ひとこと)

Home, sweet home.

一戸建てやマンション購入は多くの人にとって一生モノの大きな買い物であり、大きな夢ですね。

さて、「マンション」についてです。カタカナ語としてすっかり日本語に定着していますね。日本語では、アパートよりも大型の集合住宅を指して使われています。しかし、これは元の英語とは違う意味なのです。英語由来ですから、単語自体はmansionというつづりで存在します。ただし、英語のmansionは「豪邸、大邸宅」の意味で用いられていて、集合住宅の意味はありません。英語のmansionは、大富豪が住むような広大な一戸建てのことなのです。日本語での「マンション」はまるで別モノを指していることになります。I live in a mansion.と言うと「私は大邸宅に住んでいます」と受け取られることになりますから、事実に反する場合は要注意ですね。

私たちがマンションと呼んでいる住宅を、英語では

condominium

と言い、発音の目安は [コンドミニアム]のようになります。少し長い単語ですので、ネイティブは短く

condo [コンドウ]

と言うことも多いです。

呼称としてはこうなりますが、condominiumは必ずしも高層集合住宅である必要はなく、いわゆるタウンハウス(同じ造りの一戸建てが横につながった低層住宅群)もcondominiumと呼ばれることがあります。この辺りは不動産の専門領域になってきますので、現地の会社がどのような物件をどう呼んでいるのか、注意する必要はあるでしょう。

なお、賃貸の集合住宅は、カタカナ日本語でも使っている

apartment, apartment house

になります(イギリス英語ではflatが一般的)。ただし、「アパート」に引っ張られてapartと言うと間違い。apartmentと言いますよ。

Examples (例文)

Example 1

Successful and rich people live in mansions.
(成功したリッチな人たちは大邸宅に住んでいる。)

Example 2

Mary finally bought a condominium.
(メアリーはついにマンションを購入した。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)