こんにちは。オンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

上から目線

現代日本語に「上から目線」という表現がありますね。比較的新しい表現で、2000年代になってから使われるようになったと思います。その意味は「高慢」「高飛車」ですが、上から目線、読んで字の如く、上から人を見下すような態度です。

英語の練習を振り返ってみると、「尊敬する」「軽蔑する」の言い方を高校あたりで習ったなと思い出しました。「尊敬する」はrespect。これはカタカナ語化していますね。「軽蔑する」はdespiseです。ディスパイズのように発音しますが、「ディスる」の由来ではありません。disrespectの頭を取ったものが「ディスる」の由来とされています。念のため。

入試向け問題集などでは、respectdespiseそれぞれの別表現が問われることがよくあります。respectlook up toと言い換えられます。「~の方を見上げる」という直訳イメージからrespectと結びつけやすいですね。

despiseはどうでしょう。look down onとなります(こちらはtoではなくonですね)。「上から目線」と雰囲気は一緒です。

見下した物の言い方をする

人を見下している人は、見下した物の言い方をします。上からな物の言い方、ということになるでしょう。これを英語では

(1) talk down to [人]

と表します。簡単な例を挙げると、

(2) Don’t talk down to me.

(上から物を言うなよ。)

(3) I don’t like her, because she talks down to everyone.

(彼女はよくないな。誰に対しても見下したように話すから。)

(4) I can’t stand Boss talking down to me.

(ボスが見下した話し方をするのには耐えられない。)

(5) He was about one and a half years younger than me. That’s quite a big age difference at that time. So, I suppose I used to talk down to him a little bit. (Pau McCartney, about George Harrison)

(ジョージは僕より一歳半くらい下だったかな。当時はこの差は大きかったから、見下したように話していたと思う。)[ポールマッカートニー、ジョージ・ハリスンについて]

最後に、talk down toの反対の言い方として、talk up toという言い方をするかどうかです。辞書検索で出てくることはありませんでした。尊敬の気持ちを込めて話すという意味のフレーズでは使われていないようです。が、ネイティブスピーカーによれば、もしtalk up toと言うと、尊敬の意味よりは、こびへつらうニュアンスを感じるとのことです。talk to [人] respectfullyと言えば、敬意を持って話すという意味になります。参考までに。

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

レッスンのご案内

無料メルマガでつながる

LINE@でつながる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)