私が大学生の頃、英語の授業で、ある学生が「薄いコーヒー」のことを

thin coffee

と言いました。「あれ、何か違う感じがするな」と思ったんです。「薄い」「濃い」と聞けば、多くの日本人の頭に浮かぶ英単語は

thin(薄い)

thick(濃い)

です。その英語の授業はネイティブ教員による演習でした。”thin coffee”という発言を聞いた教授は、一瞬「ん?」という顔をして少し考えたように見えました。どうやら教授の頭の中では

  • 「薄いコーヒー」→「usui ko-hii」→ “X coffee”
  • 「usui」→「うすい」→「薄い」→ “scanty, spare, bare, powdery, sparse, thin, watery, washy, lean, etc.”

のような日本語・英語間の単語検索が行われていたと思います。結論ですが、「薄いコーヒー」に使う単語はthinではありません。

weak

です。thinとthickは、基本的には板などの厚さに対して使います。コーヒーを描写する場合には、

strong coffee(強いコーヒー → 濃いコーヒー)

weak coffee(弱いコーヒー → 薄いコーヒー)

Sponsored Link

と表すんです。大学生は、受験勉強のおかげで語彙量はあります。しかし、突貫工事的な勉強が多く、使える知識になっていない場合には、こういうところで「そうか!覚え方が不十分なんだな!」となるわけです。頭に浮かぶ日本語をそのまま機械的に英語にすると、実は用法が違うということはたくさんあります。「濃い」「薄い」を”thick”と”thin”だけで切り抜けようとするのは無理があります。

 

色の濃い薄い

dark color(濃い色)

light color(薄い色)

と表します。dark brown (焦げ茶)はよく耳にしますね。コーヒーの濃い薄いはstrong, weakだと上で言いましたが、コーヒーの風味を表したければ

rich(豊かな)

bland(あっさり)

になります。注意点ですが、”bland”です。Lです。高級ブランドの「ブランド」はRの”brand”です。

 

「敵」という単語も注意が必要で、たいていはenemyを使います。でも、日本語で言う「敵チーム」にenemy は当てません(憎しみ、悪意を込めるなら別ですが)。「相手チーム」とも言いますよね。それを

opponent team

または一語で

opponent

と言います。

 

このような例は他にもあります。英会話の本番中に単語の選択を間違えても、楽しく話していれば、相手は馬鹿にしたりせず訂正してくれます。でも、知ること、学ぶことは人生を豊かにしてくれるもの。定期的に文法や語法を勉強する時間は取ることをお勧めします。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link