■put pressure on [誰々]

カタカナ語のプレッシャーは精神的重圧ですが、元の英語は「圧力」です。

■今日のフレーズ

put pressure on [誰々]

…にプレッシャーをかける

■例文

(1) My parents have been putting pressure on me to get a job.

(就職しろって親がプレッシャーかけてくるんだよ。)

(2) Experts said the shortage of supply would undoubtedly put pressure on prices.

(専門家は言う。供給の不足により間違いなく価格(の維持)は困難になるだろう。)

■解説・コメント

「…にプレッシャーをかける」を英語ではput pressure on [誰々] と表します。「…の上に重圧を置く」という言い回しになっています。「圧力をかける、押し付ける、圧迫する」の動詞がpressで、名詞形がpressure (圧力、重圧、プレッシャー) です。「プレッシャーをかける」の「かける」、英語ではputを使うのです。

pressureは精神的な重圧だけでなく、比喩的な「困難状態」の意味もあり、put pressure on「…を困難に陥れる」の意味でも使われます。

また、目的語には物を使うこともできます。例文(2)ではput pressure on pricesと言っていますが、「価格にプレッシャーをかける」とはつまり、価格を据え置くのは難しいということなのです。英語学習者としては、もっと簡単な言い方をしてほしいところではありますが。

イメージの話になりますが、当記事一番上の画像にもあるように、精神的な重圧は自分の上にあると想像するのが一般的です。でなければ「押しつぶされる」という言い方はしないはずですし。これに関連して、「自分がプレッシャーを感じている」と言い表したい時は、「プレッシャーの下にいる」という言い回しのbe under pressureを使います。I’m under pressure.She’s under pressure.のように言えばオーケーです。使いやすいですね。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村