■strong suit

「強いスーツ」、ロボット系のアニメの話ではありません。

■今日のフレーズ

strong suit

強み、得意、長所

■例文

(1) Patience is not my strong suit.

(我慢っていうのが、得意じゃないんですよ。)

(2) I’m not good at asking for help. It’s not my strong suit.

(人に物を頼むのがだめでね。得意じゃないんです。)

■解説・コメント

strong suit「強み、得意、長所」を意味するフレーズです。suitと言うと衣服のスーツをイメージすると思いますが、これは別のsuitが由来になっています。

トランプ(英語ではplaying cards)にはハート、スペード、クラブ、ダイヤの4つのシンボルがありますが、この紋のことを英語ではsuitと言うのです。ブリッジやポーカーをする人ならstrong suitの意味がわかってくると思いますが、「強い手札」のことなのです。それを持っている人が強いというところから、比喩になりました。卓越したもの、特別なスキル、性格的な長所や才能をstrong suitと表現するようになったのです。

strong suitは通常は否定文で使われます。英語ネイティブによると、肯定文でも使うが、苦手なものの話題で言うことの方が多いとのこと。

余談ですが、私たちが普段「トランプ」と呼んでいるもの、あれをtrumpとは言いません。なぜならtrumpは「切り札」のことだからです。英語ではplaying cards、または単にcardsです。「トランプをする」はplay cardsと表します。

So, what is your strong suit? (あなたの強みは何ですか?)

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村