■tuck [自分]’s chin in

たまたまYouTubeで出てきた動画が、The Modsでした。今も現役で活動中の九州出身のロックバンド。80年代前半に彼らが注目されていた頃、私は中学生。当時、ロック音楽と言えばツッパリを連想する人がまだ多くいた頃です。金八先生の第一、第二シリーズもその頃。校内暴力などが扱われていました・・・と頭の中は回想フラッシュバックぐるぐる。

あの頃は学生服を「カスタマイズ」してる人多かったなあ。ズボンのタックにこだわる人がいました。ワンタックだとか、ツータックだとか言っていた人を思い出します。その後、何年も経って、タックがtuckのことだと知りました。tuck、名詞では「縫いひだ、(縫い)上げ」のことです。これをカタカナで言っていたのですね。

tuckは動詞でも使われます。「押し込む、挟み込む」という意味です。シャツの裾がズボンからはみ出している時、押し込みますね。その動作を英語ではtuckと言うのです。

Tuck your shirt into your pants. (シャツをズボンに入れなさい。)

のように使います。

同じくYouTubeを適当に眺めていたら、整体系に出くわしました。そこで言っていたのが、

chin tuck

というフレーズ。この分野に詳しい人にはおなじみなのでしょうけれども、私には初耳フレーズ。簡単に言えば「顎を引くこと」です。猫背の人は頭部全体が前に出ています。chin tuckを行うことで、前かがみになりがちな姿勢を矯正していくのですね。

chinは顎、tuckは上述の通り、押し込むこと。このchin tuckは名詞フレーズで、エクササイズの名称として使われているようです。では、日常会話でたまに言うことのある「顎を引く」を英語ではどう言うでしょうか。

tuck [自分]’s chin in

と言います。直訳は「自分の顎を内側に押し込む」となります。日本語だと「顎を引く」なのですが、言い方の違いがおもしろいですね。英語の方は外側からの力、日本語の方はその人本人の動作です。視点が違いますね。実際、英語の整体動画では、人差し指で顎を押しながら説明しています。まさに、tuck his/her chin inの文字通りの動作です。

「顎を引く」を英語では何と言うのか、事前に調べて会話で使おうと思うことはあまりないと思います。そんな時、たまたま「顎を引きなさい」と言いたくなったら、日本語話者としてはどう言うでしょうか。おそらく、Pull your chin.と言ってしまうだろうと考えられます。そして、これを言われた相手はどうするでしょうか。「手で顎を引っ張れ」と言われていると思うでしょうから、顎を突き出すことになるでしょう

同じ動作であっても、言語文化的な視点が異なれば、表現が変わるわけです。このような点を楽しめれば、外国語は気楽に取り組んでいけると思います。

~今日のフレーズ~

tuck [自分]’s chin in

(顎を引く)

■例文

(1) Tuck your chin in and straighten your back.

(顎を引いて、背筋を伸ばしなさい。)

(2) Now tuck your chin in slightly so that the crown of your head rises even higher.

(では、少し顎を引いて、頭頂部がもっと上の方に来るように。)

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料体験レッスンについて

無料体験レッスン申し込み

YouTubeをながめる

Twitterをながめる

Instagramをながめる

LINE@でゆるく交流する

無料メルマガをとりあえず読む

Facebook くどちゃん英語塾

 
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村