■Ow! / Ouch!

それぞれの言葉に「間投詞」と呼ばれる「音」があるのですが、日本語と同じようなものもあれば、異なるものもあります。

■今日のフレーズ

Ow! / Ouch!

[間投詞]痛い!

■例文

(1) Ow, it hurts!

(アッ、痛い!)

(2) Ouch. This plant has thorns.

(いたた。この植物、棘がありますね)

(3) Ouch! Are you all right?

(ああっ!大丈夫ですか?)

■解説・コメント

英語の間投詞を2つ紹介します。どちらも痛みを感じた時に使う言葉です。

Ow!

1つ目はOw.です。「オー」だと思うかも知れませんが、「アウ」です。痛みに対して発する間投詞です。ただし、激痛の場合は文字にならない叫びになるでしょう。注意点ですが、Oh.が「オー」で、驚きを表します。

Ouch!

2つ目はOuch.です。これも痛い時に発し、「アウチ」のように発音します。日本語の語感とは結びつきにくいですが、現地の生活に溶け込むと自分も言うようになるから不思議です。

また、Ouch.は、他の人が痛い目に遭った時にも言います(例文(3))。人が頭をぶつけたりするのを見ると、自分もぶつけたような気持ちになることがありますよね。そのような時にOuch!と言ってあげましょう。

どの言語でも、間投詞は大事な役割を持っています。積極的に覚えて使いましょう。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村