■go over [何々]

overは「超えて」ですが…。

■今日のフレーズ

go over [何々]

…を入念に調べる

■例文

(1) Remember to go over your report for grammar and spelling mistakes.

(文法やつづりの間違いがないか、しっかりチェックするように)

(2) I’ve gone over the problem many times, but I can’t find a solution.

(何度もその問題について考えたが、解決法が見つからない)

■解説・コメント

go over [何々]「…を入念に調べる」「…についてよく考える」という意味です。

字面を見てわかる通り、go (行く) とover (越えて) の組み合わせですから、「…を越える・渡る」の意味でももちろん使われます。向こう側に行くというイメージから、最初から最後まで文書に目を通すようなイメージと結びついたのでしょう。

フレーズが持つニュアンスにはcarefully (注意深く、入念に) が含まれます。例文(1)では、ざっと見るのではなく一字一句をきちんと確認する意味合いになりますし、(2)では熟考していることになります。別の語で言い換えるなら、review, consider, examineなどを使うことができます。

ちなみに、go over to [名詞] は、go to [名詞] (…に行く) とほぼほぼ同じ意味で、日常会話でよく使われます。この時のoverは、あまり意味を持たせず、語調を整える程度で使われているようです。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村