シャーペンは和製英語

「スマホ」を英語だと思って言っても全く通じません。「スマホ」も和製英語。英会話ではsmartphoneと言いましょう。

「シャーペン」を英語だと思って言っても全く通じません。「シャープペンシル」を日本語流で略して「シャーペン」。英会話で伝えたければ、”sharp pencil”と言・・・っても、通じません。シャーペンとしては通じず、「先の尖った鉛筆」という意味にしかなりません。

Sponsored Link

アメリカ英語ではmechanical pencilと呼ばれます。イギリスではpropelling pencilとも言われているそうです(在英中に聞いたことはありませんでしたが)。ここまではどこででも聞ける話ですが、もう少し話を足しておきますね。

「シャープペンシル」の由来は、19世紀にアメリカで発売された世界初のシャープペンシルに遡るようです。その商標が、なんとEversharpだったそうですよ。このことから、当時のアメリカでは、シャーペンのことを”Eversharp pencil”と呼んでいたらしいです。「エバーシャープ社の鉛筆」という意味で呼んでいたことになりますが、後に日本に輸入されたり、日本国内で独自開発が進むうちに、「シャープペンシル」という呼び名になっていったのでしょう。そして、さらにおもしろい事実は、電機メーカーSHARPの社名の由来は、シャープペンシルからだとのことです。創業者がシャーペン開発に携わっていて、家電事業への参入はもっと後だったそうですよ。

シャープペンシルは和製英語ですが、ではこの筆記具を日本語でどう言えばよいのか。初めて日本にシャーペンが入って来た時の呼び名は、

繰り出し鉛筆

だったそうです。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link