someとanyで混乱する人が多いので

中学1年で習う単語には、実は要注意なものが多いです。基礎で習うことがらは、中級上級の複雑な内容に押されて、不注意になりがち。someとanyもそのひとつです。

someとanyの使い方は機械的に覚えてしまおう

“some + 複数名詞”という形で、someは「いくつかの」という意味になります。基本として、これをしっかり押さえて下さい。

(1) I have some books in my bag.

(かばんに何冊か本が入っています)

(2) I saw some boys in that park.

(あの公園に男の子が何人かいるのを見た)

次の基本は、否定文と疑問文の場合です。次のような決まりがあります。

■someは疑問文と否定文ではanyに化ける。

このことから、例文(1)と(2)をそれぞれ疑問文、否定文にすると

(1′) Do you have any books in your bag?

(かばんに何冊か本入ってる?)

(1″) I don’t have any books in my bag.

(2′) Did you see any boys in that park?

(あの公園で男の子が何人かいるのを見た?)

(2″) I didn’t see any boys in that park.

となるわけです。

基本を知ったら意味を理解する

someが疑問文でanyに化けるというのは、ほぼ機械的に覚えて下さい。注意が必要なのは否定文です。次の式を覚えましょう。

■not…any =「ひとつも~ない」

Sponsored Link

「ゼロ」ということです。この式で重要なのは、notの後ろにanyがあるという点。間に何か単語が入っても、またはなくても構いません。“×any…not”という語順は、英語には存在せず、”×Any boys didn’t come.”のような文は非文法的であるとして、100パーセント×にされます。

さて、否定文の例(1″)と(2″)ですが、初級者に和訳してもらうと、次のような答えが多く寄せられます。

(1″) ×「私のかばんには何冊かの本が入っていない」

(2″) ×「私はあの公園で何人かの男の子を見なかった」

“not…any”は「ひとつも~ない」の意味なので、

(1″) ○「私のかばんには本が一冊も入っていない

(2″) ○「私はあの公園で男の子を一人もなかった

となります。

“not…any”イコール”no”であると知る

少しめんどうくさい話になりますが、”not…any”イコール「ゼロ」だということは、”no”とイコールだということです。「ゼロ個の~」を表す”no + 名詞”があるのです。

(3) I have no friends.

(直訳:私はゼロ人の友だちを持っている)

これは「私には友だちが一人もいない」という意味ですが、英語は、肯定文の形で否定を表せるのです。ということで、

■”not…any” = “no”

という式が成立します。したがって、

(1″) I don’t have any books in my bag.

= (4) I have no books in my bag.

(2″) I didn’t see any boys in that park.

= (5) I saw no boys in that park.

とそれぞれ言い換えることができます。

 

someとanyとnoの使い分けは、基本をしっかり押さえておかないと、別の用法で非常に混乱します。今回の要点は

  • “some + 複数名詞” = 「いくつかの~」
  • someは疑問文ではanyに化ける。
  • someは否定文でもanyに化け、”not…any”は「ひとつも~ない」、つまりゼロという意味になる。
  • “not…any” = “no”の関係が成り立つ。

となります。きちんと頭を整理して覚えて下さいね。わかりきっていると決めつけずに確認してもらえればと思います。

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link