こんにちは。札幌を拠点に活動しているオンライン英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

日本語ではこう言いますが

マフラー

英語では

scarf

Comments (ひとこと)

寒い季節、主に首の周囲を包む長方形の布の総称、カタカナ日本語では「マフラー」と言います。

英語でもmufflerという単語はあり、使われていました。だからこそカタカナ語として輸入されたわけです。しかし、今では古めかしい単語だとされ、使われなくなっています。

Sponsored Link

マフラーを日本語では「襟巻き」と言っていましたが、古臭いと感じる人は多いですよね。それと似た感覚なのかも知れません。また、日本語でも若い人たちはカタカナ語のマフラーは言わなくなっているかも知れませんが、いかがでしょうか(ファッションの言葉遣いには疎い私です)。

いわゆるマフラーを英語で言う時には、scarfと言いましょう。

カタカナ語で「スカーフ」と言うと、頭を覆ったり肩にかけたりするものをイメージしますよね。英語では「スカーフ」と「マフラー」を含めてscarfです。ちょっとややこしいかな。

ところで、マフラーと言えば、車のパーツの名称にもありますよね。その場合のマフラーとは、自動車やオートバイなどの排気音を小さくする「消音器」のことです。英語も、このパーツはmufflerと言います。同じ単語なんです。

マフラー、襟巻き、呼び方はどうであれ、暖かくていいですよね。毛糸、ラクダ、カシミア、シルク、ウールなどいろいろな素材がありますが、どれが好きですか?

Example (例文)

Put a scarf around your neck, otherwise you’ll catch cold.

(首にマフラー巻いていきなさい。でないと風邪ひいちゃうよ。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link