こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

ボリュームが大きい・小さい

英語では

The volume is high/low.

Comments (ひとこと)

音響機器のスピーカーから流れてくる音の大きさをカタカナで「ボリューム」と言っています。英語のvolumeから来ていて、和製英語ではなく単なるカタカナ表記です。ただし、日本語での使い方が英語と少し違います。

日本語では「ボリュームが大きい・小さい」と言いますよね。これに影響されて、英語でThe volume is big/small.と言う人が多いです。しかし、英語ではvolumeはbig/smallではなく、highかlowで形容します。

また、「音量を上げる・下げる」の言い方ですが句動詞のturn up/downを使い、turn up/down the volume、あるいはturn the volume up/downとします。後者のようにturnとup/downの間にvolumeを置くことも多いので、リスニングでは注意が必要です。

補足ですが、volumeには音量の他に「体積、容積」の意味もあります。

Examples (例文)

Example 1

These noise canceling headphones reduce outside noise, so you don’t have to set the volume so high.

(ノイズキャンセリングヘッドホンは外部の騒音を抑えるから、音量を大きくする必要はないよ。)

Example 2

The volume is too low for me. You know, I’m hard of hearing nowadays.

(音量が小さすぎるんだ。ほら、私は最近耳が遠いからさ。)

Example 3

Can you turn up the volume a little? I can’t clearly hear what they’re saying.

(少し音を上げてくれる?何言ってるのかはっきり聞こえないから。)

Example 4

Turn the volume down. What time do you think it is?

(音を下げなさい。何時だと思ってるの?)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)