mihailmihailovol / Pixabay

誰の番かを英語で

まず最初にヨーダ様から

私はスターウォーズが大好き。最初の3部作はCGではなく模型のコマ撮りでした。それが好きでした。手間をかけて空想世界を映像化していくとは、なんて素晴らしい仕事なんだろうと思っていた少年時代の私です。ヨーダとの出会いも衝撃的でした。東洋フェイスの800歳とも言われるじいちゃん、素敵です。そのヨーダが、修行中のルークに言います。

Don’t try.  Do it.

「やってみるのではない、やるのだ。」

書店で平積みになっている自己啓発書に必ず書かれていることを、ヨーダ師はたった4語で言うのです。行動あるのみだと。心に沁みます。とにかくやらないと始まらないのが物事です。英語も話さないことには始まりません。Don’t try.  Do it. この気持で進みましょうね。

では本題に移ります。

誰の番?

複数人でゲームをやっているような時、「次は誰の番だっけ」と英語で聞くには何と言えばいいでしょうか。

Who’s next?

(次は誰?)

あるいは

Whose turn is it?

(誰の番?)

と言えばオーケーです。それに対する返答例は

It’s your turn.

Sponsored Link

(あなたの番ですよ)

となります。カジュアルには次のように

You’re up.

(お前の番だ)

とも言います。おもしろいのは、私がイギリスで知った言い方です。ビリヤードをしたのですが、

It’s your go.

(お前の番だよ)

と言っていたのでした。一瞬「あれ?」と思いました。「Go?動詞なのに、your goって言うの?それとも聞き間違えたのかな」と思いましたよ。確かめたところ、「goだよ」と言われまして。名詞として使う場合があるんですね。でも、気に入ったので、今でもたまに使っています。

Walk.  Don’t run.

伸び悩みの人ほど、どこか完璧主義で、複雑な大人の英語でないと嫌だという気持ちが見て取れます。基礎のうちから応用はできません。基本に忠実に、走る前に歩くことを覚えましょう。その間、理屈抜きに覚えるだけでよい表現はどんどん吸収していくのです。地道な行動あるのみです。それをしないとと進みません。

Do it.  (Master Yoda)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

メールマガジンもどうぞ
エッセイ、英文法解説などを配信中です。間違いなく役に立ちます。

公式LINE友だち募集中
またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)

Sponsored Link