こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

日本語ではこう言いますが

キャッチコピー

英語では

  • slogan
  • catch phrase

Comments (ひとこと)

カタカナ語の「キャッチコピー」は和製英語です。

私たちがカタカナでキャッチコピーと呼んでいるものを英語では

slogan (またはadvertising slogan)

と言います。sloganは、商品の宣伝のため、組織見解など表現するための、簡潔な覚えやすいフレーズのことです。No Music No Lifeはタワレコのsloganだということです。

キャッチコピーは和製英語ですが、キャッチフレーズは英語でもcatch phraseです。しかし、私たちのイメージとは違い、アメリカではcatch phraseよりもsloganの方が一般的によく使われています。

Examples (例文)

Example 1

It’s time to change our image. We need to come up with a new company slogan.

(我々のイメージを変える時期だな。会社の新しいキャッチフレーズを考える必要がある。)

Example 2

The candidate won by campaigning under the slogan, “No, They Can’t!”

(その候補は「彼らにはできない」というスローガンの元で運動し当選を果たした。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)