こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。今日の英語表現、行ってみましょう!

Phrase (語句)

Better safe than sorry.

Meaning (意味)

  • 念には念を入れる。
  • 万が一のことを考えよう。
  • 急がば回れ。
  • 転ばぬ先の杖

Comments (ひとこと)

It’s better to be safe than sorry.のIt’sを省略した言い方で、直訳すれば「(後で)後悔するよりは(慎重にした方が)よい」となります。日本語の「急がば回れ」や「転ばぬ先の杖」などの慣用表現に相当します。

用心、慎重さを表す慣用表現は他にも次のようなものがあります。「この日本語にはこの英語!」と一対一だと思い込まずに、いろいろな言い回しがあることを知っておくとよいでしょう。

  • Haste makes waste. (急ぎは無駄を作る)
  • More haste, less speed. (より急ぎ、より急がず)
  • Slow and steady wins the race. (ゆっくり着実がレースで勝つ)
  • Make haste slowly. (ゆっくり急げ)
  • Thatch your roof before the rain begins. (雨が降る前に屋根を覆え)
  • Prevention is better than cure. (予防は治療に勝る)
  • Look before you leap. (跳ぶ前によく見よ)

Examples (例文)

Example 1

A holiday weekend is a dangerous time to take a car trip. Let’s take a train. Better safe than sorry.

(休日の週末は車で移動すると危ないよ。電車で行こう。万が一のことも考えて。)

Example 2

I think you should go and see a doctor now. Better safe than sorry.

(お医者さんに診てもらったほうがいいと思うよ。念には念をだよ。)

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)