こんにちは。英語・英会話コーチ工藤 裕です。

日本語のカタカナ表現は、日本人の勘違いや造語が定着した場合が多く、正しい英語を反映しているとは限りません(和製英語)。英語での本来の使い方を学ぶ必要があります。

日本語ではこう言いますが

ゲームセンター

英語では

video arcade

Comments (ひとこと)

私は札幌の東端に住んでいますが、高齢者の多い住宅地ゆえ、昔はよく見た光景が見られなくなってきました。寂しいなと感じるのは、子どもや若い人の少なさですが、それに伴いゲーセンがなくなったり、規模が縮小されたりしていることも時代を感じさせます。

この「ゲーセン」、もちろん「ゲームセンター」を略した言い方ですが和製英語なのです。英語では、”game center”と言うことはありません。video arcadeと言うのです。

いわゆるゲームセンターには、UFOキャッチャー(クレーンゲーム)を始めとするさまざまな種類がありますが、元々はテレビゲームを楽しむ場所としてスタートしました。実はこの「テレビゲーム」も和製英語で、英語ではvideo gameと言います。video gameを楽しめる場所として設けられたのがvideo arcadeと呼ばれるようになったのですね。

arcade [アーケイD]とは本来は屋根付きの街路のことで、通常両側に店が並んでいる所です。日本でも今ではすっかり一般的になったショッピングモールのイメージですね。

ちなみに、UFOキャッチャー(クレーンゲーム)を英語では、claw machine [クローマシーン]と言います。ついでに覚えておきましょう。

Examples (例文)

Example 1

A: Where on earth have you been? It’s nine!

(今まで一体どこに行ってたの?9時じゃない!)

B: I was at the video arcade playing some claw machines.

(ゲーセンでクレーンゲームやってたんだよ。)

Example 2

A lot of the parents aren’t happy about the newly opened video arcade in their neighborhood.

(近隣に新しくオープンしたゲームセンターについて、多くの親たちは好ましく思っていない。)

 

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料プレゼント!オリジナル英語発音マニュアル!

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

コースと受講料のご案内はこちらです。

コースと受講料はこちら

体験レッスンやお問い合わせはこちらからどうぞ

無料体験レッスンの説明はこちら

公式LINE友だち募集中

LINE@で友だちになる

またはID検索で
@wve2046a
(@をお忘れなく)