■be subject to change

subjectは「教科」だけではありません。

■今日のフレーズ

be subject to change

変更の可能性がある

■例文

(1) Prices are subject to change.

(価格は変更になる可能性があります。)

(2) The schedule is tentative and it is subject to change.

(このスケジュールは暫定的なものであり、変更の可能性があります。)

■解説・コメント

be subject to change「…は変更の可能性がある」という意味です。参考書や語彙集ではbe subject to [何々] と紹介されるのが一般的ですが、日常生活の範囲では、changeを含めたワンフレーズとして覚えておくと便利です。

このsubjectは形容詞です。「教科・科目」ではありません。形容詞としてのsubjectは、辞書を見ると「…に左右される、…の対象になる」「…にさらされている」などの和訳が目立ちます。整理すると、「…によって(悪い・不都合な)影響を受ける可能性が高い」と「認可・承認を受けることを条件とする」にまとめることができます。

be subject toは形式張った文章で見かけることが多いのですが、日常英語で目にするのはかなりの確率でbe subject to changeです。

言葉は、使用頻度の高いものから効率的に攻略していきましょう。change込みで覚え、慣れたら他の単語に入れ替えた形にステップアップしていけば、応用力が身に付きます。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村