■put [何々] on the map

地図に載ることで認知度が上がります。

■今日のフレーズ

put [何々] on the map

…を有名にする、…の名を知らしめる、…の存在をアピールする

■例文

(1) The discovery of gold put their town on the map.

(金の発見によって彼らの町は一躍有名になった)

(2) The role in that film put Harry on the map.

(その映画で役を得たことで、ハリーは名を知られるようになりました)

■解説・コメント

put [何々] on the mapの字義通りの意味は「…を地図の上に置く⇒載せる」です。この意味で使うこともありますが、比喩的に「…を有名にする、…の名を知らしめる、…の存在をアピールする」の意味でも使われます。

現代では、お店などは地図(特にアプリ)に載ることが人目につくためにも重要です。そこから有名になる可能性が出てくるというイメージを持つと理解しやすいフレーズです。

このフレーズは比喩であり実際に地図に載せるわけではないので、putの目的語は人でも物でも使えます。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村