■show up

「来る」「行く」を「姿を現す」と言うことがあります。

■今日のフレーズ

show up

現れる、姿を現す、写真に映る、目立つ

■例文

(1) My prince has finally showed up. I’ve been totally swept off my feet by him.

(白馬に乗った王子様がついに現れた。私はすっかり彼に夢中。)

(2) A broken bone showed up on the X-ray.

(レントゲンで骨折していることがわかった(レントゲンに折れた骨が写っていた))

■解説・コメント

show up「(人や物が)現れる、姿を表す」という意味の動詞フレーズです。そこから「(写真やビデオなどに)映る」、さらに「目立つ」という意味でも使われます。「現れる」と言えばappearが思いつくかも知れませんが、show upの方が日常会話で耳にする頻度は高いでしょう。

好きなアーティストがステージに現れた瞬間は、S/he finally showed up! (やっと姿を現した) と言えます。クラスメートや同僚が見当たらない時などは、S/he hasn’t showed up yet. What’s the matter? (まだ姿が見えないけど、どうしたんだろう) と使えます。日常会話フレーズとしてぜひ覚えてください。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村