■take … under one’s wing

take care oflook afterの別の言い方です。

■今日のフレーズ

take [誰々] under one’s wing

…の面倒を見る、…を保護下に置く、…に目を向ける

■例文

(1) My parents died when I was quite young, so my aunt took me under her wing.

(小さい時に両親が他界したので、叔母が私を引き取ってくれたのです)

(2) They weren’t doing well in music until Epstein took them under his wing.

(エプスタインが面倒を見るようになるまでは、彼らは音楽でうまく行っていなかった)

■解説・コメント

take [誰々] under one’s wing「…の面倒を見る、…を保護下に置く、…に目を向ける」という意味の定形表現です。under wingは「羽の下」ですが、親鳥がひなを守る様子に由来しています。いい表現だと私は思います。

under one’s wingだけで使うこともできます。例えば、I’m under my uncle’s wing.は「私は叔父の世話になっている」という意味です。

日本語には「翼下(よっか)」という一見似た表現がありますが、こちらは「勢力範囲内」「傘下」という意味です。国や会社の勢力争いのイメージで、親が子を守るような場面で使うことはなさそうです。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村