■downside

downな「側」なのでマイナス面。

■今日のフレーズ

downside

(物事の)マイナス面

■例文

(1) Unemployment, inflation, and inequality are the downside of a market economy.

(失業、インフレ、不平等が市場経済のマイナス面である)

(2) The downside to working from home is the lack of face-to-face contact with colleagues.

(リモートワークの欠点は、同僚と直接会う機会がないことだ)

■解説・コメント

downside「物事のマイナス面、欠点」という意味の名詞です。物事が持つside (側面) のdownの方、つまりネガティブな側ということですね。

反対語はupsideだと想像できそうですね。確かに、辞書にはupsideで「よい面」という記載はあるのですがadvantage (有利、利点) やprofit (利益) を使う方が一般的なようです。ネイティブ(母語話者)的には、upsideは「上部、上側」の意味が強く働くのかも知れませんね。

さて、「…のマイナス面」と言いたい時、使う前置詞は何でしょうか。通常はofで、downside of [何々] と言えばオーケーです。しかし、例文(2)のように、toが使われている例も見られます。

基本的には、「…の」はdownside ofで問題ありません。ただ、動名詞(…すること)を続ける時はofでいいけれども、toを使うことが多く、ネイティブ(母語話者)としても「響きが自然だ」と言っています。

数名のネイティブによると、「文法学者なら何か言うのだろうけど、日常英語では、はっきり線引きできる使い分けはしていない。withを使う人もいたなあ」とのこと。日常日本語で、助詞の使い分けがはっきりしない時があるのと同じですね。結論は、こだわり過ぎないように、です。意思疎通が第一ですから。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村