■put [誰々] down

元の「下に置く」「下ろす」という意味からの連想です。

■今日のフレーズ

put [誰々] down

…をけなす

■例文

(1) I know that I sometimes put people down.

(自分が人をけなしてしまうことがあるのは自覚している)

(2) Great! You stopped putting yourself down and *comparing yourself to others!

(いいね!自分を卑下したり人と比べるのをやめたね!(*は下記参照))

■解説・コメント

put [誰々] down「…をけなす、こきおろす」という意味のフレーズです。putは「置く」なので、フレーズの基本イメージは「下に置く」「下ろす」であることは明白です。「けなす」の意味が使われるようになったのは「人を自分の下に置いて優位に立つ」という連想なのでしょう。この意味なのか中立的な意味なのかは、話の流れから判断できます。

例文(2)にあるput yourself downの形は「自分を卑下する」という意味で、人を励ます時に、Don’t put yourself down.Stop putting yourself down.と言うことがあります。自信をなくして落ち込んでいる人への声かけに使ってみてください。

なお、同じく例文(2)で使われている動詞compare (比較する) の用法について補足します。辞書・参考書等では、compare A to Bcompare A with Bでは意味が異なると説明しています。実際は微妙な違いで、現在ではどちらを使っても同じと定義している英英辞典もあります。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料メール講座を購読する

公式LINEからの配信を受け取る

英語コーチングとは

各コースのご案内

メールでのお問い合わせ

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村