友人を誘う時に使える表現

ささっと覚えて、ぱぱっと使える表現を3つ紹介します。粋な表現をあなたに。

Clear your calendar.

「予定を空けておいてよ」という意味です。すんなり覚えやすいと思いますし、少しクールな言い方だと感じます。ぜひ使ってみて下さい。

Let’s hit the bars.

予定を開けておいてと伝えたら、どこに誘いますか?飲みに行きたいと思っているのでしたら、この表現をどうぞ。”Let’s go.”ばかりだと物足りないですよね。hitを使うなんて、日本語の発想にはないです。これも洒落た感じがしますね。

そういえば、hitで思い出しましたが、レイ・チャールズ(Ray Charles)の歌に”Hit the Road, Jack”というのがあります。この曲名の意味は「行っちまいな、ジャック」という意味です。「失せろ」という感じです。

What’s with you?

誘ったり誘われたりがあると、「何か悩みでもあるんじゃないか」と感じることがありますよね。実際に会ってみて、相手の様子の変化に気づくということもあります。「どうしたの?」と聞く時にはどんな言い方があるでしょうか。カジュアルな表現のひとつが、”What’s with you?”です。一般的には、

  • What’s wrong with you?
  • What’s the matter with you?
  • What happened to you?

などの表現を習います。”What’s with you?”は、wrongやthe matterを省いた形なのかも知れません。日本語もカジュアル表現は省略体が多いですから、傾向は同じですね。

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

無料体験レッスンの説明はこちら

コースと受講料はこちら

オリジナル英語発音マニュアルを無料で手に入れる

LINE@で友だちになる

またはID検索で@wve2046a(@をお忘れなく)