■branch out

どんな有名人も、どんなに大きな会社も最初は小さなスタートです。ひとつひとつ目標を達成し、逆境にもめげずひたすら前進してきたのでしょう。いろいろな事例がありますが、ひとつのことだけに注力している場合もある一方、異分野に進出する例もよく見られます。新たな取り組みを指して、「活動の幅を広げる」「手を広げる」と言います。では、これを英語ではどう表すでしょうか。今回のフレーズは、

branch out

です。branch、「木の枝」と最初に覚えることが多いですが、ここでの扱いは動詞です。「外側に枝を広げる」というイメージを得やすいと思います。日本語では「手」を広げますが、英語では「枝」を広げるのですね。例え方がちょっと違うところがおもしろいです。

考えてみると、中心から外に広がっていくさまを表す漢字に「支」があります。「ささえる」の意味の他、「支店」や「支流」のように、「わかれる、えだわかれする」の意味もあります。「枝」は木偏が付いていますが、意味の根っこは同じなのでしょう。会社の支店が増えるのもまた、branch outなのだと考えることができますね。ちなみに「支店」の英語はbranchです。

今取り組んでいることが発展したら、次はどんな分野にbranch outしたいですか?

~今日のフレーズ~

branch out 活動の手を広げる

■例文

(1) That famous designer has recently branched out into children’s wear.

(その有名なデザイナーは最近子供服に進出した。)

(2) The singer has just branched out as a painter. He’s versatile.

(その歌手は画家としても活動を始めたよ。多才な人だ。)

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村