■early bird

知っている人の多いフレーズですが、応用できているでしょうか。

■今日のフレーズ

early bird

早起きの人、早めに到着する人、早割

■例文

(1) She isn’t an early bird by nature, but she’s been up before dawn every day for the past month.

(彼女は元々早起きではないが、この一月の間は毎日夜明け前に起きている)

(2) Attracted by bargains, 500 early birds lined up at 7 a.m. to get into the store.

(バーゲンに惹かれ、朝7時から500人が店の前に列を作った)

(3) Early bird discounts are usually available at the beginning of the season.

(早期割引は通常、シーズン初めに利用できます)

■解説・コメント

early bird「早起きの人」という意味です。The early bird catches the worm. (早起きは三文の得[徳とも]) は、教科書にも載っている英語の代表的なことわざです。このため、early birdイコールことわざという印象を持ちがちですが、実際は日常的に使われている表現です。早起きから派生した意味で次のように使われます。

例文(1)は基本となる「早起きの人」の例です。ちなみに、early riserとも言います。

例文(2)は、派生的な意味での使い方の一例です。「予定・定刻より早めに到着する人」「早めに行動する人」の意味で使っています。早起きの意味は特になく、予定が夕方でも、その前に到着している人はearly birdです。

例文(3)は、「早期割引(早割)」の英語での言い方です。early bird discountearly bird rateと言います。rateは「率、割合」のことですが、飛行機やホテルの予約時に目にする語です。どちらも、早めの購入・予約した人が得をしますよ、ということですね。

このように、early birdは日常表現のひとつなのです。自身の会話でも使ってみてくださいね。

■音声確認

■Today’s One Word

今回は以上です。今日のあなたの精一杯の英語を話しましょう!!

お問い合わせ

レッスンのご案内

無料メルマガ配信を受け取る

公式LINEからの配信を受け取る

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村